2020年10月02日

The Loom


皆様こんにちは。
秋のDMが届いているようで、早速、昨日も今朝もご来店をいただいております。
掲載したワンピースをお買い上げいただきありがとうございました。

そのDMの中で、秋一番に押さえておきたいアイテムとしてご紹介したコートの詳細をUPしたいと思います。


B4E01C31-573E-47A6-9C0F-CB584D439214.jpeg






2AE3241E-24F6-4D90-9710-945B70F23B41.jpeg






7705CFF2-F7F2-48E8-8786-2F4BCECEA9A4.jpeg






6E655983-5DB9-4868-897F-F56543437B5F.jpeg






B11D3A4A-467C-46F9-B19E-7F94F0F5BC47.jpeg






AA60ABFC-D2B2-4188-AD52-F3E1DF1142D5.jpeg

韓国ブランド「The Loom」
秋もコートが入荷しています。
今日ご紹介するのはコットンショートトレンチ。
秋一番におめしいただけますが、総裏で、冬もインナーにカシミヤなどのニットを入れれば着れてしまいそうです。
トラッドでありながらビッグなテントラインで、トレンドをしっかり掴んでいます。
袖口にはゴムを入れて、ギャザーフレアのシルエットになり素敵です。
シンプルで着回しも効き、パンツでもスカートのスタイルにも対応します。
オススメさせていただきます。

\69000-+TAX
コットン100%
ベージュ、カーキ、ブラック

*******

三詠子さんの独り言

子ども時代、少女マンガに夢中だった私は大きなお目目の主人公に憧れを持ち、鏡を覗いては己の眼の細さに嘆き悲しんでいました。
思春期の頃になると、自分の顔にさほど興味が無く、自分自身を問うことへの執着心が強くなり、容姿とはあまり関係ない人生を歩んできました。
50歳を過ぎたころから、加齢で衰えていく容姿に、わずかながら抵抗しつつ、すべてを受け入れてきました。
ところがなんと、驚きの変化が待っていました。
2020年7月14日(フランス革命記念日)眼瞼下垂の手術により二重瞼の大きな眼になったのです!
ここ何年か眼の調子が悪く、朝起きて瞼を手で上げないと開かない状態になっていました。
メガネも合い辛くなり、眼鏡屋さんに相談したところ、検眼するのに瞼が上がり辛く、視力が0.4と0.6に落ちていました。
眼科を紹介され、眼瞼下垂症と診断されました。
眼科の先生曰く
「手術をされると、すべてが解決しますよ!」
その言葉に励まされ、眼瞼下垂手術の権威の病院を紹介していただき、手術を決行することにしました。
5月に眼科の診断を受け、6月手術の予約をとり7月手術。
術後4日目でサングラスをして仕事をしました。
日に日に腫れが収まりました。
腫れが引いて回復するまで1ヶ月から2ヶ月かかるということ。
視力は1.5と1.5に回復し、周りが明るくはっきり見えるようになりました。
そしてなんと、すっかり眼が大きく二重瞼になった三詠子さんです。
70歳で顔が変わる三詠子さん。
私自身が驚きと共に困惑している次第です。
眼のたるみを取り、眼を二重にした三詠子さんの顔。
お会いした皆さんは、私の変貌に好意的に喜んでくれますが…私も満足していますが、朝起きて最初に鏡に映る私の顔に未だ当惑しています。
アジィを愛してやまない皆様、70歳にしてまだまだ進化する三詠子さんにご期待あれ!

2020.9.30

posted by azi at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187984283
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック