2021年09月22日

sarah pacini



19864973-C425-4C8F-9602-5F6540DF1481.jpeg





45932AB1-6804-433D-9C0B-7324D84B469A.jpeg





A40AF608-DC16-47BA-B2D3-C85E1DC926B2.jpeg





C75600CB-1B10-4446-9BB9-A7A4259CA167.jpeg





C78A401F-86D4-4399-83AE-645A7A99E0DA.jpeg

「sarah pacini」
フォトプリント グラフィックプルオーバー

モノトーンのグラフィックプリントがシックなフーテッドプルオーバー。
フードの付いたカジュアルなプルオーバーも、大人の雰囲気に仕上がっています。
所々にカラーが入るのですが、よく見るとオレンジは
「色鉛筆の芯先」
これがアクセントになっていて面白いです。

コットンに若干ポリウレタンが入った、薄くて軽い着心地良いストレッチジャージー。
明日などはまた30℃超えになるそうですが、そろそろ秋物へシフトチェンジ…そんな端境期にお役立ちしそうな一着です。

\47300-(税込)
コットン93%、ポリウレタン7%

*******

ブログを書いていて、「鉛筆の芯先」って他に言い方があるのだろうか?と、ネットで調べていたところ、面白い記事を見つけました。

「鉛筆の尖った先のことを何と言う?」
東京や関東出身者は「尖っている」としか言わないそうですが、金沢の人達は「ケンケン」と言うそうです。
この「ケンケン」は石川だけの方言で、鉛筆の尖った先を表す擬態語の方言だそう。
刀の剣の「ケン」に由来した、武士文化の残る金沢らしい方言だとのこと。
ちなみに、鉛筆の先を表現する擬態語の方言を持っている地域として、富山では「ツクツク」、福井では「ツンツン」、愛知では「トキントキン」、関西では「ピンピン」と言うそうです。

東京生まれ東京育ちのスタッフU、父親も同じくで、田舎といえば母の故郷の新潟です。
毎夏遊びに行く度に、母も途端に聞き覚えのない言葉で話し出し、祖母とは会話が成立したことが無かったなぁと、懐かしく思い出しました。
子供の頃は方言が不思議で、でもなんだかとても温かく魅力的。
今でも方言には興味があり、目に留めた記事でした。

そういえば、アジィ店長もたまに出ますよ、博多弁。
上京して半世紀も経てば、もうすっかり東京人だと思うのですが、不思議ですよね。
で、私の知る限り、アジィ歴代スタッフは皆 真似をして、変な博多弁を使い出すようになるのです。

*******

昨日今日アジィは連休の定休日でした。
また明日からの皆様のご来店をお待ちいたしております。

posted by azi at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | sarah pacini